読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「信用してはいけない言葉選手権 デザイナー編」自分編

デザイン 雑記

 

こんな記事を読みました。

 

www.baconjapan.com

 

信用してはいけない言葉選手権

・宿題やったけど、家に忘れました。

・インストール中です。残り30秒です。

・マラソン一緒に走ろうな。

 

そういった信用ならない言葉の選手権です。

「宿題やったけど、家に忘れた」とか…何度使ったか分かりません。

 

あるあるー、面白いなーくらいで見ていたら、今回は「デザイナー編」ですと????

 

記事を読んだら、あるー!!!分かるーーー!!!その言葉を言われたらもう!!!と感情が荒ぶりました。面白くて顔はにやにやしてたと思うけど。

 

これはデザイナーとして自分も書きとめておくしかないと思い、約1ヶ月ぶりにブログを書きます。

 

 

『これで最後ですので』

これはベーコンさんの記事にもありましたが。

修正もそうですし、追加素材もそうですし。もう文章も画像も入りませんけど?みたいな所に、容赦なく(申し訳なさもほとんどなく)放り込んできます。結果、入れたのにいらないって言われることも…。

 

『◯◯ で いいですよ』

訳:◯◯に変更

いいですよ」じゃないんですよね?乱暴な言葉に変換すると、「しろ」ってことですよね?できれば「◯◯でお願いします」でお願いします…。

類語:◯◯したほうがいいと思います

 

 『△△がいいです』→翌日『××がいいです』

昨日と今日の間にどんな影響を受けたのか分かりませんが、まるで初めから××がいいと言っていたかのような口調で言い放たれる言葉。

 

『素材はこちらで用意しますので』 

大抵用意していただけません。来ません。

あとは、ひたすらフリー素材を探すネット旅に出ることになります。

 

 (そのうち言葉は追加されます。) 

 

 

色を変えるだけ、文章を追加するだけ

 

だけと言ってしまえば簡単に聞こえますが、そんなことないんです。

一部分の色を変えたり(しかも色指定)するのは、そこだけでは済みません。ここを赤にするなら、あそこも暖色にして…ここが青だと合わないな…黄色かな?などなど、随所に変更が生じます。

 

もしデザイナーに何かをお願いする場合は、やさしい言葉遣いと、約束は最大限守るということを忘れないで欲しいです。

 

 

この信用してはいけない言葉選手権、ぜひ他の職業のものも知りたいです。