猫になりたい

 

わたしは何か嫌なことがあったときに、「猫になりたい」と言うようにしている。

 

https://www.instagram.com/p/BF_HMgDG-bhpIQHR73DojEvP2a55HajdYUrAYc0/

 

具体的に言えば、

・彼の家から帰りたくない

・会社に行きたくない

などの場面。

 

猫になったら、朝起きなくてもいいし、仕事に行かなくてもいい。

猫たちの会議に顔を出し、最近の野良事情を話し合う。たまにみんなで旅行のように、気ままに遠出をしたりするのだ。

 

とは言うものの、実際に猫になったときのことを考えてみようと思う。現実的に

 

 

まずは休む連絡を

 

平日だったとする。

まず、会社をしばらく休むことを伝えなければならない。

上司からすれば、わたしが猫になってしまったことなど知る由もない。出勤してこなければ、なぜだ?と困ってしまうだろう。とりあえず会社員として、休む場合は伝えるべきだと思うので連絡を入れたい。

 

普通だったら電話を入れるが、きっとわたしは「にゃー」しか言えない。

なので、風邪で声が出ないとでも言って、メールで連絡をするしかない。ごめんなさい。

 

さて、移動しよう

 

猫になりせっかく会社を休んだので、彼に会いに行こうと思う

 

わたしの家から彼の家までは、電車かバスで移動しなければ到底たどり着けない。猫ならなおさらだ。

 

電車に乗っている猫が、たまーにtwitterなどでリツイートされていたりする。

電車に乗れるとは思うが、やはり写真などをSNSで発信されてしまうだろう。それは仕方ないが、一番怖いのは捕まえられてしまうことである。

捕獲されてしまっては、猫になった意味がない。

 

捕まらないようにうまーく猫の身体能力を使って逃げるしかない。

また、電車賃はお札をくわえていって、払おう。「にゃー(釣りはいらにゃいぜ)」

 

彼の家に到着ですが

 

彼の家は駅からさほど遠くないので、無事にたどり着いた。

 

 しかし、重要な問題が。

 

「わたしは猫になったんです」とどうやって伝えたら分かってもらえるのか?

 

最重要といってもいいだろう。

 

なにせ猫語(鳴き声)しか話せないので、言葉では伝えられない。筆談やパソコンは夢が無いのでNGとする(会社への連絡でメールを使っているので設定的には使えるが、夢がないので一旦忘れて)。

 

どうやってわたしだと気づいてもらうかといえば、冷蔵庫からビールを出して開けて欲しそうにするか、ピロウズのDVDをくわえてカリカリするくらい。

 

それに加えて、わたしとの連絡がとれないことできっと気づくと思う。思いたい。

信じてもらえるかは別として。

 

せっかくなので楽しみたい

 

猫になったということは、その他大勢の猫と意思疎通ができる。はず。

 

彼の家の周りには猫がいる。

三毛のような模様の猫が兄弟でいたり、灰色の猫、白黒ハチワレなどが住んでいる。その猫たちが普段一体何を話しているのかを知りたい。また、週末にいなくなるのはなぜなのか?会議でお出かけですか?野良ですか?

突然現れた新参者が仲良くしてもらえるかは謎だが、もしかして猫の中にも、わたしのように人間から猫になった猫がいるかもしれない。そしたら、猫具合はどうですか?とか、食生活の違いには慣れましたか?なんてどうでもいいことを聞きたい。

 

あとは、にぼしを食べたり、人間(彼)の膝の上で眠りたい。

 

 

考えてみた結論

 

猫になりたい。

それは叶わないが、わたしがしたいことの本質はそこではない。

猫のことを知りたいのと、ただ単にぐうたら(良く言えばのんびり)したいだけなのだ(猫はぐうたらしているかというのは、猫にならないと分からないので失礼かもしれない)。

 

上記の話だと、猫になりっぱなしなので、いつか人間に戻ることも現実的に考えてみたいと思う。

大体、「現実的に」猫になったことを考えるというのは矛盾があるけど。

 

 

とりあえず、猫と暮らしたいね。